京都・滋賀を自転車で往来するルートをご紹介!4つの○○越

京都・滋賀を自転車で往来するルートをご紹介!4つの○○越

スポーツバイクに乗る距離が伸びていくと市や県(都・府)をまたぐ機会も自然と増えていき、それだけでもワクワクしたりするものです。当記事では、関西在住の自転車乗りを魅了する「琵琶湖」を訪れるのに、京都方面から滋賀県へと自転車で抜けるルートを紹介します。帰り道も合わせて紹介しますので旅程の参考にしてみてください!

途中越(とちゅうごえ)

途中越(とちゅうごえ)

途中越をご紹介いたします!京都・滋賀を往来するにはいくつかルートがありますが、京都市と滋賀県を結ぶルートとして考えると選択できるギリギリ限界北端ルートが途中越でしょう。自然と走行距離が伸びやすく山道ルートであるためロングライド向きかもしれません。市街地から離れますのである程度のトラブルに対処できる準備が必要です。

山中越(やまなかごえ)

山中越(やまなかごえ)

山中越をご紹介いたします!京都・滋賀を往来するにはいくつかルートがありますが、最も過酷な選択になりうるのが山中越です。結構な距離と勾配、半端ない交通量と道幅の狭さなど、わざわざ厳しい条件下で往来しようとしない限りは選択から外すのが無難です。ルートスペックだけ見ればヒルクライム的には◎。滋賀側の琵琶湖眺望も見事!

小関越(こぜきごえ)

小関越(こぜきごえ)

小関越をご紹介いたします!京都・滋賀を往来するにはいくつかのルートがありますが、国道1号線を進む逢坂越のすぐ北側、裏道的なルートがこちらの小関越です。短距離ながらもなかなかの勾配で、交通量はほとんどなく非常に走りやすいので京滋往来ではイチオシです。かつて東海道を“大関”越(逢坂越)と呼んだのに対して、町中を通らない近道的なこちらのことを”小関”越としたそうです。