冬の自転車in京都 北山は寒いので南へ進出してみた

ロードバイクに乗り始めてから、改めて自転車の素晴らしさを噛みしめています。

スキあらば走りに出たい

以前にも増してそう思うようになってきました。

しかし冬の寒い日に自転車はキツイ…

幸い、京都は山を避ければ積雪や凍結の心配は少ない。

さらに、そもそも風があまり吹かない。

そんなことから、冬場でもまぁ走りやすいっちゃ走りやすい。

しかし市街地を走ってもこれっぽちも楽しくない。

だからできれば北山を走りたい。

でも寒い。

市街地で5℃でも、北山へ入ると0℃とか普通なのです。

ってか5℃も0℃も変わらんか…な…?

まぁなんだ。

あんまり寒すぎるのはイヤなんだけど、

個人的には、5℃以上あれば走りに出たい欲求の方が勝るんですよね。

でも、楽しいコース目白押しの北山は寒すぎるし、凍結の可能性もあって危ない…

と、いうことで。

南国に活路を見出そうと。

そういう趣旨でございまして、2022年1月~2月に3回ほど走ってみてなかなか良かったルートのご紹介です。

さて、

このルートのお楽しみは天ケ瀬ダムと、湖東のさざなみ街道です。

それ以外をどう乗り切るか。

それがしっかりこのルートを走り切るポイントといっても過言ではありません。

まずは序盤ですが、

まぁ天ケ瀬ダムまでがおもんない。

なるべく車通りの少ないルート、信号の少ないルートは無いものかと、

走りに行く度に微妙に走るところ変えてみたりするのですが、なかなかルートが定まりません。

天ケ瀬ダムまでのルートは現在も模索中です。

おススメのとこがあったら誰か教えてー。

そんな中でも、この山科川沿いはちょっとしたポイントですかね。

しばらくの間信号無しで走れます。

ただし、自転車の人、ジョギングしてる人、散歩してる人、野鳥撮影でバズーカ構えてる人、いろんな人がいますのであんまり飛ばさないように。

周りに気配りながら、しかし川沿いを気持ちよく進んでいきます。

その後は車通りと信号にうんざり

しかし頑張って耐えて…

宇治橋まで来れば、ようやくサイクリングモードへ移行です!

ちなみに、

宇治橋を渡ると平等院がありますので寄ってみるのも良いでしょう。

10円玉のアレですね。

すぐ脇に浮島もあって、そちらへ寄ってみるのも良いんじゃないでしょうか。

いい感じの雰囲気の写真が撮れたりして。

浮島を通過してから登っていくと本ルートですが、

さらにちょっと寄り道して吊り橋を見に行ってみても良いんじゃないでしょうか。

誰か吊り橋の上手な撮り方教えてー。

さて、

ルートに戻って少し登っていきます。ここの登りはそれほどきつくありません。

登りきると、天ケ瀬ダムを上の方から見ることができます。

ダムの壮大さみたいなのは下から見た方が感じられます。

下から見たい場合は、さきほどの吊り橋をさらに奥へ行けばOKです。

ここからはダム湖沿いを気持ちよく進んでいきます。

チラチラ景色を楽しみながら行きましょう。

このへんの交通量はボチボチといったところです。

道は二車線で決して広くはありませんが、走りやすくて良い道です。

序盤のお楽しみですからたっぷり堪能しましょう。

あまり飛ばすと後半しんどいので調子に乗り過ぎないように。

天ケ瀬ダムから瀬田川沿いをずんずん進み、曽束大橋を北へ渡ります。

そして立木観音を通過し北上します。

しばらくすると少しずつ交通量も増え始めますが、瀬田川洗堰までの辛抱です。

瀬田川洗堰(あらいぜき)まで来たら東側へ渡り、さらに北上します。

瀬田川沿い東側を北へ進みます。

このへんまで来るとコンビニもあるので補給に使えます。

しばらく進み、瀬田唐橋を過ぎればいよいよ琵琶湖です。

近江大橋が見えてきます。

このへんも十分気持ち良いのですが、近江大橋を過ぎると俄然サイクリング感UPです。

第二のお楽しみを堪能しましょう。

いぃねいぃね気持ちー

向かい風には心が折れかけますが、お家がはるか遠くなので折れている場合ではありません。

無心でこぎ続けます。

良い景色が心を癒しますねー

琵琶湖大橋まで来ました。あれを渡って、途中越えして帰ります。

琵琶湖大橋東詰めの来来亭が最近のお気に入りです。ネギ多め最高。

パワーチャージしたら帰路につきます。

体力的な面でいうと、途中越えがこのルート最大の山場です。

堅田から長い長い登りになり、峠付近は登り勾配10%以上です。

決して無理せず無事に帰ることだけを考えます。

途中付近は雪がたんまり残っています。このへんは日光もあたりにくいのかな。

寒いと脚がつりやすくなるので困ったものです。

しかし、そういう時ほど筋肉の使い方を意識するようになります。

意識するだけで、いろんな部位のいろんな動かし方が何となくわかるので面白いです。

ライド序盤は元気なので、多少雑でもなんともないんですよね。

しかしそれが後半響いてきたり。

日頃から鍛錬されている方には敵いません。

さて、

途中越えをしたらしばらく下って、

江文峠から登って下るか

367号を下り続けて帰るか

そこは体力とご相談の上です。

以上です。

まとめ

このコース、

結局最後の方は峠が絡んできちゃうんだけど、全体的にアップダウンが少ないので後半に体力を残すのそれほど難しくありません。

お楽しみ区間でヒャッホーし過ぎないことがポイントですね。

さざなみ街道では向かい風に見舞われることもありますが、スピードが落ちてもムキにならず落ち着いて無理せず淡々とこぎ続けることです。

多少のしんどさは景色が和らげてくれます。

体力にもっと余裕があれば天ケ瀬ダムからさらに南方へ、和束町とか信楽くらいまで足を伸ばしてみるのもいいかもしれませんね。

信楽は寒そうだから趣旨から外れちゃうかもだけど…

*-ω-)ノ”ばいちゃ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする