愛車遍歴 ~弐号機~

初号機とのお別れ

ネットで購入したクロスバイクは当時¥15,000程度と非常に安く、重量も14kg程度とシティサイクルに比べたらかなり軽かったため、手軽にスポーツバイクを楽しめた良い自転車でした。

初号機GR001。楽天スマートファクトリー参照。
参照:スマートファクトリー/楽天ショップ

世間でいうところのクロスバイク“もどき”というやつでしたが、スポーツバイクを楽しむきっかけをもらった、私にとってはとても重要な意味を持つ自転車でした。

そんな初号機にパンクが頻発するようになってやむなく廃車にした後、後継車として本格的なスポーツバイクを探し始めました。



クロスバイク選び

やはり第一候補はクロスバイクでした。
しっかりとした自転車メーカーの本格的なクロスバイクを購入し、メンテナンスも自分できっちりやろうと決めていました。

しかし、もともとクロスバイクには興味があったのでちょこちょこ調べてはいたのですが、やっぱり「おっ、これカッコイイな!」とビビッとくるのは大体高いんです。

資金少ない

資金が豊富にあるわけではありませんでしたので、7万円や8万円といった値段が平気で付けられているようなモデルはどうしたって高嶺の花止まり。

安いモデルでも5万円前後するクロスバイクは、一般ピーポーからすればチャリに使う金額としてはすでにぶっ飛んでいるわけです。

妥協して気に入らないモデルに数万円も払うわけにはいきません。
出せる金額で最大限の満足を得なければならないのですが、残念ながらどのモデルにも結構な妥協感が付きまといました。

予期せぬ出逢いほど

そんなモンモンとしながらいつものようにメーカーのHPでクロスバイクを眺めているとき、
ふと目に入って気になったのが“MTB”の文字でした。

MTB、つまりマウンテンバイクはオフロードのイメージが強くて(実際そうです)それまでは気になったことすらありませんでしたが、
なんとなくあるメーカーのMTBラインナップを見てみると、そこには圧倒的に自分好みのカラフルなカラーリングの自転車がズラリでした。

しかもクロスバイクと違うのは低価格帯のモデルでもフレームに3色、あるいは4色くらい使ったカラフルなのが多かった点でした。

単色のさっぱりとした感じが好きになれなかった自分にとってこれらMTBとの出逢いは衝撃でした。

それからは一気に各メーカーのMTBを見まくって、購入モデルが決まるまでにそれほど時間はかかりませんでした。

そして購入したのがこちらのモデルです。

弐号機のBIG SEVEN 40MD / MERIDA2014。まさかのマウンテンバイク。
参照:MERIDA公式HP/Archive2014

購入後の構想

『極太のブロックタイヤで舗装路ってどうなん?しかも通勤に乗ってくんだろ?』

これについて、すでに様々な周辺パーツに関する知識を素人なりにかじっていた私にはある計画がありました。

それは、
ある時期が来たらタイヤをスリックタイヤに換装してオンロード仕様にしてしまおう!
というものでした。

自分好みのフレームを持つMTBを買って、その後スリックタイヤに履き替えることでオンロード仕様にする。
私にとって、これがまさに限られた資金で最大限の満足を得る方法だったのです。

ある時期が来たら、
というは、せっかくMTBを買うんだからMTBの特徴も楽しみたいと思い、しばらくはそのままの状態で乗ったろうと企んでいたからです。

マウンテンバイクを楽しむ

おかげで、結構な段差に突っ込んでみたり、公園の階段を下ってみたり、前サス効果を試すべくワザとガレた箇所を走ってみたりなど、とてもクロスバイクではおっかなくて試せないことを楽しめました。
購入した年の冬には結構な雪が積もった日もあり、雪が積もった舗装路をブロックタイヤで悠々と突き進むなんてこともできました。

そんなこんなでMTBを楽しめた私はさっさとタイヤ換装に着手するのでありました。

愛車遍歴 ~弐号機 カスタム其の壱・タイヤ交換~ へ続く



愛車遍歴シリーズ

愛車遍歴 ~初号機~

・愛車遍歴 ~弐号機~ この記事です!

愛車遍歴 ~弐号機 カスタマイズ其の壱・タイヤ交換~

愛車遍歴 ~弐号機 カスタマイズ其の弐・フロントシングル化~

愛車遍歴 ~弐号機 カスタマイズ其の参・バーカット&エンドバー装着~

愛車遍歴 ~弐号機 カスタマイズ其の肆・フロントフォークのリジッド化~


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする