スニーカーの靴紐を交換するともうちょっと自転車が楽しくなるかも♪

たとえ100km超のロングライドでもフラットペダルな私です。

撮影のために立ち止まることが多い私には、やっぱり普通のスニーカーが合っています。

ロードバイク乗りの中でも、いろいろな理由で好んでスニーカーをチョイスしている人は珍しくないようです。

ビンディングに興味がないわけではないのです。

MTB向けのSPDタイプの中にそれこそホントにスニーカーのような造りのシューズもあって。
ビンディングで引き足ヒャッホーゥするもよし、普段履きで街中フラつくもよし。

さらに、片面SPDで片面フラットなんていうペダルもあって。
そんなの着けちゃった日にゃあもはや革靴でも乗れちゃうという。

夢が広がりますなぁ~(´∀`)イーナー

ま、理由は人それぞれでしょうけど(私の場合はその、あれだ、大人の事情っつーか)、私のようにスニーカーでスポーツバイクに乗る人は少なく無いハズです。

ただ、ホントに便利なスニーカーですが、“靴紐”という煩わしさとの戦いもありますよね。

走行中に解けるとクランク周りに絡まる可能性があって危険です。特に右側はギヤ板があるためさらに危険ですし、オイルで汚れるのもイヤですよね。

激坂を必死に登っているときに解けられても困ります。

結んだあとプラプラとならないように、つま先に近い方の紐の下にグリグリとねじ込むのも手間です。見た目もあんまり恰好よくありません。
お昼休憩などはできるだけリラックスしたいため、靴紐は一旦解いて楽にしたい私です。

そこで、こういった靴紐との戦いによるストレスを軽減するために、こんなアイテムがあります。

アクアサンダルの靴紐などにも使用されていますし、珍しい物ではないのでご存知の方は多いと思います。

類似商品はたくさんありますが、どれも通し方は同じような感じだと思いますのでここでは割愛します。

300円くらいのめちゃくちゃ安いのから2000円近くするお高いのまでいろいろありますが、あんまり安いのはロックパーツとかが不安かなぁ。
ロックが弱くて緩んできたりしたら本末転倒です。

かくいう私も購入した商品は結構安いやつだったり。
私の場合は使用頻度がそれほど高くないし、“試に”ということで。

さて、早速愛用のサイクルシューズに通してみました。

色のチョイスがおかしいんじゃないかというヤジも飛んできそうですが、ここはひとつ大目に見てやってください。

白が一番マッチしそうだったけど、元々白い紐だったし、ちょっとイメチェンしたくて。

ただのランニングシューズぢゃねぇかというヤジも飛んできそうですね。

そうですけど何か?( ゚д゚) ナニカ?


元々の長さが結構あり(1.2m)、キュッと締めると余りがこんなに長いです。

私の足は甲高ではありませんが、下駄足なので横幅が広いです。
このシューズのサイズは26cmだったと思います。
そんな情報から参考にしていただければ幸いです。

さすがにこれでは長すぎるので、適当な長さにカットしましょう。
あんまり短くし過ぎると緩められなくなってしまうので気を付けてください。

レビューとしては、

まだそれほど走っていないので何とも言えませんが、ロックが弱くて緩んでくるような気配は感じられません。
もうちょっと走り込んでみて再度レビューしてみたいと思います。

レース全体に反射素材が付いていて、日中以外のライドでは活躍しそうです。
ただ値段が値段だけに、どこまで持つかが心配ではあります。

色は好みによりますが、昨今のスポーツバイクはどちらかというと落ち着いた色合い・デザインが多いように感じますし、ちょっとしたアクセントには良いのではないでしょうか。

たくさんお金をかけなくても、ちょっとしたアクセントを効かせるだけで気分転換になり、また新鮮な気持ちで自転車に乗ることができると思います。

そもそも“靴紐”は自転車アイテムというわけではありませんからね。
いろんな視点でそれまでとは違った事や物を取り入れてみて、もっともっと楽しく自転車に乗りましょう!

ヾ(。・ω・。)ノ




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする