ヒルクライムのためのランニング記録【5週目】

ヒルクライムのためのランニング記録、5週目です!

ちょうど年末年始となった4週目でついに膝と足首をやっちまったわけですが、歩けないレベルではありませんでした。

というか、そうなる前に自重したんですけどね。
しかし痛いのは明らかで、もしあのまま続けていたら間違いなくひどい炎症を起こして、

走れないどころか歩くのも辛い

運動中断

ランだけじゃなく仕事も思うように進まない

精神的に病む

食べることでストレス解消

太る

自暴自棄

八つ当たり激しくなる

会社にも家族にも見放される

The End orz

というフラグが確定だったと思うと怖いなー怖いなー。

と、

上手くいかなかったり思うようにいかなかったりすると、人はネガティブな思考に陥りがちです。
思考がネガティブな方へ傾き始めると、その後は坂を下るようにグングン加速して良くない方へ落ちていってしまうと思います。

そうなる前に、どっかで気分転換するとか、ストレスを吐き出すとか、そもそも何でもポジティブに捉えるとかいうことがすごく大切な気がします。

ランニング中も似たような感覚があって、
私は別にランニングが好きでランニングしているわけではありませんが、体を動かすことは好きだし、大好きな自転車をもっと楽しみたいとか、過去の自分に打ち勝って成長したいとかいう気持ちがあって、そのためのトレーニングの一環としてランニングを選択したわけです。

そりゃぁランニングすれば疲れますが、
「疲れた」
「呼吸しんどい」
「まだあと○○kmもある…」
とか考えながら走るとどんどん足が重くなって息苦しくなるものです。

逆に、
「気持ちいい」
「この後の飯が美味い」
「体力ついてきてる」
とか何でもいいのでプラスのことを考えると疲れ方が全然違いますし、走り終わった後味も良いものです。

また、仕事のこととか家族のこと、趣味のことなど、ランニングとは関係ないことを考えながら走ると、ふと気づくと、
「あれ、もうこんなとこまで来てる」
「あ、なんか呼吸楽だな」
ということもありますので上手く気を紛らわせられればオススメですが、そこからネガティブなことが連想されないとも限らないので、やはりポイントは、

あくまでポジティブにだと思います。

んー、なんかありきたりなこと書いてるかもしれませんが、
おっさんながらに運動とか勉強とかを継続して頑張ることの大切さだったり、何かに挑戦することの意義だったり、いろいろ考えさせられております。

いくつになってもチャレンジングでいたいものです。

ちょっとグダグダと書いちゃいましたが、5週目のリザルトです。
5週目は1/7(月)~1/13(日)です。

総走行距離:20.5km
平均ペース:5分43秒/km
消費カロリー:1435kcal(体重70kg換算)

4週目でやっちまった膝と足首をケアしつつ、おそるおそる1/7(月)から再開してみました。

従来通り早朝5kmランにしようと思っていましたが、やはり怪しい気配のする膝と足首を考慮してとりあえず3kmで切り上げ、ペースもかなり落として(6分13秒/km)ゆっくり走りました。

その後も湿布でケアしつつ、なんとか週末には距離・ペースともに元へ戻すことができました!

あぁ良かったε-(´∀`*)ホッ

日曜朝ラン後の体重。

来週は68kg換算ですな。

思った通りだぜ!
仕事が始まって通常の生活へ戻ったら早速減ったさ!

とりあえずこのペースでいけば、3月には65kg台いける…かな?

1月中に控えている確定の新年会×2と、
私の誕生日祝いで連れていただけるしゃぶしゃぶ×1をどう攻略するかが最大のカギであることは言うまでもないっ!!

そして、

思う存分食べて飲むのは言うまでもないっ!!!(`・ω・´)

|)彡サッ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする